BAKERY エトセトラのパンたち【カンパーニュ、バゲット、フィセル】のご紹介♪

いつも店内にイイ香りを放って、HAPPYな気持ちにしてくれる【BAKERY エトセトラ】のパンたち。


本日は、その中でもとりわけ人気な!【カンパーニュ、バゲット、フィセル】について、細かくご紹介いたします。






3種類とも、原材料は全く同じで【国産小麦粉、有機小麦、自家製酵母、かなさん全粒粉、塩、こめ飴、イースト】と、なっております。


では、どうして名前が違うのか?

全て、【フランスパン】なんです。

フランスは、寒い気候や土壌の関係で他国のように " ふっくらしたパン "を作るのが難しかったそうでその為、卵・砂糖・バターを使わずに硬い皮のパンができた、という歴史背景があります。


そして、昔のフランス政府はパンの価格を【重さ】で細かく分けたことから同じフランスパンでも、たくさんの種類に分けられ様々な名前が付けられたそうなんです。


______________________________________


【フィセル】 フランス語で「ひも」という意味。 バゲットをひと回り小さくしたようなパン。 クラスト(表面の皮)のパリパリ感が楽しめます


【バゲット】 フランス語で「棒、杖」という意味。 フランスパンの中でも、現地で最もポピュラーに使われる種類です。 切れ込みのことを、クープ(クーペ)と呼びます


【カンパーニュ】 正式名称は「パン・ド・カンパーニュ」 「カンパーニュ」は、フランス語で「田舎」という意味。 フランスの田舎地方で作られ、都のパリに持ち込まれたことから この名前が付いたそうです

______________________________________


しっかりとした硬さのフィセル、バゲットに対しカンパーニュは、形が大きいため 火がゆっくり入るので、もっちりしています。


エトセトラのパンは、国産小麦粉、有機小麦、かなさん全粒粉(県産)米飴を使用しております。


その他に、【自家製酵母&イースト】を使っているのですが、どちらも添加物は入っておりません。


パンを膨らませる働きをするのが、イースト。そして、そのイーストの働きを助けるのが、酵母なんです。


添加物が入っていると、パンを無理やり元気にさせたり、日持ちしたりします。

エトセトラのパンは添加物不使用のため

ゆっくり膨らむので、作るのにお時間がかかります。そして、賞味期限が短いです。 ご理解ください。


どうぞ、エトセトラ自慢のパンたちをご賞味くださいませ。

ご来店お待ちしております☺


ーーーーーーーーーー 【泡瀬本店】 住|沖縄県沖縄市比屋根2-2-8 問|098-880-6866 P|6台 ーーーーーーーーーー 【那覇店】 住|沖縄県那覇市牧志2-23-20 高良アパート1F 問|098-955-3599 P|3台 ーーーーーーーーーー 営|平日9:30〜18:30(日・祝11:00〜16:00) 休|基本なし

◆那覇店のお弁当は、【11:30ごろ】店頭に並びます。

◆日・祝【お弁当&BAKERYエトセトラ】お休みです。

◆ネットショップあります。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示